専門家会議がコロナ感染状況分析 緊急事態宣言延長5月末軸に調整

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止策を検討する政府の専門家会議は1日、会合を開き、現在の感染状況を分析した。当面、1日当たりの新規感染者数がゼロになるとは見込めないことから「1年以上、何らかの形で持続的な対策が必要になる」と指摘した提言を出す方向。安倍晋三首相は緊急事態宣言について、6日の期限を延長する意向を表明しており、5月末までとする案を軸に調整している。分析結果を踏まえて4日にも最終判断する。
(産経BIZ)