宿泊施設、1000超が協力意向 軽症者受け入れで国交相

 赤羽一嘉国土交通相は15日の衆院国交委員会で、無症状や軽症の新型コロナウイルス感染者を受け入れる宿泊施設について、全国で1000を超える施設が協力する意向を示したと明らかにした。15万室以上に相当するという。「厚生労働省を通じて各都道府県に情報を提供している。風評被害が起きないようケアしたい」と述べた。国民民主党の後藤祐一氏に答弁した。
(産経BIZ)