困窮学生への支援策相次ぐ 緊急事態宣言継続の埼玉

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言が継続される地域では、経済的に困窮する学生たちが引き続き苦しい生活を強いられることになる。埼玉県では、各大学が学生への援助策を相次いで打ち出し始めた。返済が不要な奨学金を給付したり、学費の納入期限を延長したりして、大学生活への影響を最小限に抑える構えだ。
(産経BIZ)