厚労省、退院基準を再度見直し 発症10日間で退院可能に

 厚生労働省は12日、新型コロナウイルスの感染患者の退院基準を再度見直し、原則発症から10日間経過し、熱が下がるなど症状の軽快から72時間過ぎれていれば退院を認めることを明らかにした。現行基準では14日間経過する必要があったが、WHO(世界保健機関)の基準短縮などを受けて変更した。
(産経BIZ)