千葉で2例目鳥インフル 養鶏場114万羽殺処分へ

 千葉県は11日、いすみ市の養鶏場で鳥インフルエンザが確認されたと発表した。同県の養鶏場での発生確認は今季2例目で、県は約114万5千羽の殺処分を進める。簡易検査で陽性だったため、遺伝子検査を実施していた。
(産経BIZ)