医療費「原則1割」強調 公明・山口代表、政府を牽制

 公明党の山口那津男代表は12日の記者会見で、75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担を2割へ引き上げる検討を進める政府を牽制(けんせい)した。現行の原則1割負担に関し「大きく変えることにはならない。与党の意向を全く無視して一方的な決定をすることにはならない」と述べた。
(産経BIZ)