医療体制への負荷蓄積、感染下降へ努力傾注 分科会提言案の全容判明  

 専門家らで構成する政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長=尾身茂・地域医療機能推進機構理事長)が31日の会合で示す提言案の全容が30日、判明した。感染状況をレベル1~3の3段階に分類し、分析や政策判断のための指標作りを求めている。
(産経BIZ)