乳幼児難病薬1・6億円と最高額、保険適用へ 脊髄性筋萎縮症

 厚生労働省は13日、難病の脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」について、1億6707万円の薬価で公的医療保険の適用対象にすることを中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に提案した。薬は2歳未満の患者が対象。1回の投与で治療は済むが、保険で使える薬の薬価としては国内最高額となる。20日にも適用する。
(産経BIZ)