世界のがん患者、今後20年で6割増も WHOが予想

 世界保健機関(WHO)は「世界がんの日」の4日、今後20年間で世界のがん患者が6割増える可能性があるとして、特に増加が顕著になると予想される中低所得国での検診や治療体制の充実を訴える報告書を発表した。
(産経BIZ)