ワクチン接種の優先順位に関する議論に着手 16日のコロナ分科会

 政府は16日に開く新型コロナウイルス感染症対策本部分科会(会長=尾身茂・地域医療機能推進機構理事長)の第2回会合で、ワクチン接種の優先順位に関する議論に着手する。政府は8月中にも大まかな方針をまとめる計画で、医療従事者を最優先するほか、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある人を優先する方向で検討が進む見通しだ。来年前半の接種開始を目指している。
(産経BIZ)