コロナ感染疑いで救急搬送に9時間も 「たらい回しは患者にとって恐怖」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、感染疑いの患者の入院先が決まらない「搬送困難」が4月に東京都内で急増していたことが判明した。都内では80代男性の入院先が見つからず、初診から約9時間後に自宅から40キロ以上離れた病院に搬送される事案も発生。医療関係者は「患者にとっては非常に恐怖」と話した。
(産経BIZ)