コロナから回復した人の抗体を大規模調査 横浜市大が国内初

 横浜市立大は29日、新型コロナウイルスに感染した後、回復した人を対象に、再感染を防ぐ免疫の有無などを調べる国内初の大規模な抗体検査を始めると発表した。8月1日から、300人以上を目標に全国から協力者を募集する。再感染の恐れがなければ、回復者に対する外出制限の緩和が期待できる。
(産経BIZ)