クルーズ船は「管理可能なリスク」 新型肺炎でWHO、旅行禁止の勧告せず

 世界保健機関(WHO)の緊急事態プログラム責任者のマイク・ライアン氏は17日、ジュネーブ本部での記者会見で、現時点ではクルーズ船旅行は「管理可能なリスク」であり、禁止を勧告するのは理にかなわないとの見解を示した。新型ウイルス感染に見舞われた米カーニバルのクルーズ船2隻から、乗客らが帰国することにより、感染が拡大するのではないかとの懸念が生じている。
(産経BIZ)