クルーズ船の感染者は日本国内感染者とは別扱い? 加藤厚労相が方針

 横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で起きた新型コロナウイルスへの集団感染をめぐり、加藤勝信厚生労働相は7日の閣議後記者会見で、クルーズ船の感染者とその他の国内感染者を分けて考える方針を示した。いずれも国内で発生した事例だが、同船の感染の発端が日本上陸前のため、世界保健機関(WHO)の見解に合わせた措置としている。
(産経BIZ)