クイーンのB・メイさん心臓手術 ステント挿入、すでに回復

 英人気ロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイさん(72)は25日までに、心臓発作を起こし、血管が再び狭くなるのを防ぐステント(筒状の金属製の網)を挿入する手術を受けたと写真共有アプリ「インスタグラム」で明らかにした。現在は回復し、体調が良いという。
(産経BIZ)