オーバーシュート前に医療崩壊の恐れ 東京、大阪などで医療態勢切迫

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策を検討する政府の専門家会議は1日、都市部を中心に集団感染が相次ぎ、感染者が急増している現状を踏まえ、オーバーシュート(爆発的な患者急増)の前でも「医療崩壊」に陥る恐れがあるとの新たな見解を示した。東京や神奈川、大阪などの大都市圏では、特に医療提供態勢が切迫しており、直ちに重症者の治療を優先した対策を講じるよう求めた。
(産経BIZ)