インフル流行にも警戒を 南半球でシーズン、コロナ影響

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は15日の記者会見で、冬を迎えた南半球で流行シーズンに入る季節性インフルエンザについて「新型コロナウイルスと並行して流行すると、既に大きな負担がかかっている医療体制に、さらに悪影響を与えかねない」と警戒を呼び掛けた。
(産経BIZ)