インフルエンザ、注意報レベルに A型の患者が最多

 厚生労働省は20日、全国約5000カ所の医療機関から今月9~15日に報告されたインフルエンザの患者数が1医療機関当たり15・62人となり、注意報レベルとされる10人を超えたと発表した。昨季より2週間早い。
(産経BIZ)