がん放射線治療 液体のりで効果が大幅に向上 東工大、マウス実験で根治確認

 がん細胞にホウ素を取り込ませ、中性子線を当てて破壊する「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」で、投与するホウ素薬剤に液体のりの主成分を加えると、治療効果が大幅に向上することを東京工業大の研究チームが発見した。マウスの実験では、皮下に植えたがんがほぼ消えたという。
(産経BIZ)