【がん電話相談から】Q:妻が肺がんステージIV、薬剤耐性に不安

 Q 40代の妻の相談です。今年7月に肺がんと診断されました。骨(腰椎)と脳に転移があったことからステージIV(4)期と診断されました。肺がんの治療には分子標的薬「タグリッソ」(一般名オシメルチニブ)を使い始めています。今後、薬剤耐性が起きた場合に不安があり、主治医に尋ねると、「その時、考えます」という答えでした。
(産経BIZ)