「自分事だという意識」 混雑消えるも外出自粛要請に残る課題

 感染が急拡大している新型コロナウイルス対策として、東京都が要請した週末の不要不急の外出自粛。繁華街などの人混みは大きく抑制され、主要駅や電車の利用客数も激減させた。首都圏の他県も足並みをそろえて呼びかけたことで危機意識が浸透し、効果が現れた格好だが、商店などからは売り上げ激減に悲鳴が上がる。ただ、街頭では感染拡大抑止の成否の鍵を握る若者が出歩く姿もみられ、課題は少なくない。
(産経BIZ)