「県境検温」本格実施 山形、主要駅や高速PAで

 山形県は大型連休初日の25日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、来県者を対象にした県境などでの検温を本格的に始めた。主要駅や高速道路のパーキングエリア(PA)で実施。発熱が判明した場合も訪問は拒まないが、滞在先で人と接触しないよう求める。5月10日まで。
(産経BIZ)