「海外渡航移植なくなる日を」米国で心臓移植を受けた青山環ちゃんの父の願い

 改正臓器移植法の本格施行から17日で10年たった。国内で移植を待つ患者は多く、命をつなぐために海外での移植を模索する動きも続く。「目標は僕らの団体が無くなること」。海外渡航移植を考える患者や家族らの相談・支援にあたる非営利団体「トリオ・ジャパン」(東京)の青山竜馬会長(40)はそんな思いを胸に活動を続けている。
(産経BIZ)