「救急医療の崩壊実感」 急患治療に支障、学会声明

 日本救急医学会と日本臨床救急医学会は、新型コロナウイルス感染症への対応で救急医療体制が危機的状況にあり、他の救急患者の治療に支障が出ていると指摘する声明を発表した。医療崩壊の最初の兆候は「救急医療体制の崩壊」だが、「これは私たちが既に実感しているところ」と強調している。
(産経BIZ)