「大きな前進」「未発症者は?」 遺伝性がん予防切除に保険適用

 遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)の患者の発症していない方の乳房などを、予防目的で切除する手術が公的医療保険の対象になることが決まった。医師は「非常に大きな前進」と評価する一方で、患者からは「未発症者が対象になっておらず不十分」との声も上がる。遺伝子検査技術の進歩により、予防的な治療や手術は今後増えると予想され、健康な人も保険の対象になるのか議論が求められそうだ。
(産経BIZ)