「外出自粛の徹底継続を」専門家会議、夕方に提言公表へ

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策を検討する政府の専門家会議(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)が1日開かれ、感染状況の分析結果などについて議論した。1日当たりの新規感染者数は減少傾向にあるものの、医療現場の逼迫した状況は解消されておらず、外出自粛などの行動変容を引き続き徹底する必要があると指摘した提言をまとめ、同日夕に脇田座長らが公表する見込み。
(産経BIZ)